赤面症のお役立ち情報サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加  

赤面症を治す為の治療法とは?

女性

照れたり、失敗したり、恥ずかしい場面に遭遇したり・・・。そんな時、マンガでもよく登場するボッと顔の赤くなるシーンは、誰もが日常で経験する身体現象ではないでしょうか。

 

しかし、人によってはこの赤面が自分の意思と反する場面で、おきまりのように恐怖心とともに押し寄せることがあります。あまりにも赤面症状が酷い場合は、対人恐怖症の一種であるとされる赤面症かもしれません。

 

この赤面症は現代社会においては特別な病気ではなく、多くの人が抱えている悩みでもあります。心に負担をかけすぎると、健康な体も病気に派生しやすい環境に取り囲まれてしまいます

 

日常生活の中で支障をきたすようならば、躊躇せず気軽な気持ちで心療内科などの医療機関を受診してみるのもよいかもしれません。

 

では実際に医療機関ではどのように赤面症の治療にあたるのでしょか・・・。

 

薬物対処療法

症状に合わせて投与することで、抱えている個々の辛い症状を緩和させていきます。

 

医薬品

セロトニンの分泌を高めて、原因であるノルアドレナリンの分泌を減らす投薬

薬

赤面症に顕著なあがり症には、ノルアドレナリンが関与しています。

 

セロトニンで阻害する作用を使って、過度の緊張や不安を軽減する対処療法薬(SSRI)です。

 

デプメノール、パキシルなどが一般的。

 

抗不安薬・抗鬱薬によって、極度の緊張や不安そのものを和らげる投薬

デパス、ソナラックスなど、精神安定剤としての役割で広く知られています。

 

β遮断薬を用いて、身体症状を取り払う投薬

赤面症に付随する心臓のドキドキ、多汗様の発汗、手の震えなど。

 

心拍数を安定させることで、あからさまに出現する緊張症状から回避させる効果があります。

 

漢方薬

体質改善を目的とした投薬治療になります。
気と血、水の3つに視点をおいた中国由来の漢方は体の代謝機能を高めていきます。

 

気→やる気が出ない、精神的な落ち込み

日常における様々なストレスが溜まることで気そのものが曇ります。

 

血→貧血、生理不順、貧血

心的に関わる要素の強い現れとされます。

 

水→ほてり、頬の赤身や発汗

体内の潤いは不足したり、澱むことで体に大切な養分を運べなくなります。

 

くすりは反対から読むとリスクと読めることからも、安易に服用するものではありません。

 

気管支ぜんそくなど重篤な副作用の心配もありますので、きちんとした医師の判断のもと服用するかを考えましょう。

 

胸部交感神経遮断手術

 手術を受ける男性

精神的に直接起因する交感神経そのものを切除して症状をなくす治療法です。

 

内視鏡手術で体への負担も少ないのがメリットですが、心的ストレスを解放しないと効果がないとの報告もあります。

 

 

心理療法など

心療内科で行われるのが、心理療法でいくつか治療法にも種類があります。

 

 

専門の心理カウンセラーをつける治療

保険適用範囲外であるので自己負担額が大きくかさみますが、根本的な治療に直結されるといわれています。

 

 

自律神経とホルモン分泌を正常に促す作用があります。

 

このため、交感神経と副交感神経の調和がとれるので、血流がよくなり症状が改善されます。

 

赤面症は決して、恥ずかしいものではありません。頑張りすぎている自分からの休眠サインかもしれません。焦らず、じっくりと自分自身を見つめなおしてみましょう。


【特集】薬の服用や通院などをせず自宅で改善させたいなら

薬を服用したり、治療院やカウンセリングに通院することなく、自宅で改善させたい方には、日本で唯一の赤面症専門カウンセラーが考案された1日わずか1分で赤面症を治す方法というプログラムがあります。

 

 

今回取り上げた理由について

  • 自宅で1人で行うことができる
  • 道具や薬などを買う必要がない
  • 1日たった1分のトレーニングのみ
  • 90日で改善させることができる
  • 今まで2800人以上の方が実践されてきたプログラムである

 

いつになったら治るのかと不安に思いながら病院へ行く労力、毎月かかる数千円から数万円の費用のことを考えれば、一度実践してみる価値はあるのかなと思います。

 

ただ多少なりとも最初に購入費は掛かりますので、ずっと迷っていても良いと思いますし、とりあえず試してみても良いと思いますよ。

 

→プログラム内容の詳細はコチラ>>

 

→プログラム実践者の声はコチラ>>